NPO法人、一日一歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 素麺と三輪山の町、奈良県桜井市 その2

<<   作成日時 : 2012/10/24 12:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

毎年8月に東京有楽町の読売ホールで行われる「三輪山セミナー」(大神神社主催)。

三輪山(みわやま)とは、奈良県桜井市大神(おおみわ)神社の、ご神体の山のことです。

今年も「三輪山セミナー」を受講しましたが、講師の問いに、多くの人たちが大神神社に詣でたか、ご神体の三輪山に登った経験があると答えたのには驚きました。
みなさん住まいが、東京か近郊の人たちなんですよ。

かくいう私。
何度も大神神社まで足を運びながら、拝殿とそのお隣の祈祷殿しか詣ったことがありません。

今回、ご案内いただいて、少しだけ足を延ばしました。

名だたる製薬会社の灯篭がズラリと並ぶ「くすり道」
画像


「活日社」
お酒の神様を祀っているそうで、いつもお世話になっているだろうから、参っておくようにと案内してくれました。
画像


「磐座社」
画像


を過ぎ、いよいよ三輪山の登り口、狭井神社(さいじんじゃ)です。
画像


祭神は、大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)・大物主神(おおものぬしのかみ)・媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)・勢夜多々良姫命(せやたたらひめのみこと)・事代主神(ことしろぬしのかみ)

これまでは、神社を参っても「ふーん……」で終わりでした。
祭神を見ても、ちんぷんかんぷん。
それがここ数年、奈良で文化資産の活動をするようになり、これまで以上に神社に足を運ぶ機会が増え、合わせて周りに民俗学者や歴史等お詳しい方のお話を聴くようになって。誰を祀っているのか、少しずつ、興味を持つようになりました。

さて、いよいよ三輪山に登るのか!と、感激したのですが。
タイムアウト。
14時が最終受付となっていました。
その日も結局、登れずじまいでした。
画像


というか、本当に登る気があれば、ちゃんと調べて到着するようにするでしょうから。
いい加減な気持ちではなかなか登れないということですね。
道中も少々険しく、踵の腱を痛めたということもあるようです。
ちゃんと装備をした方が良いかも知れません。

「薬井戸」
この霊泉のご神水は万病に効くと言われ、自由に汲むことができるそうですが、タンクなどの大容量で汲むことを禁止しています。
「みんなで分ければ余るが、奪い合えば足りなくなる」─ 守りたいなと思います。
画像


ここからの眺めは絶景です。
この日はちょうど、二上山の二コブの間に夕日が沈む日だったのですが…
知らずに日の沈む前に降りて来てしまいました。
画像


毎年恒例の厄病除けの行事「率川神社三枝祭(ゆりまつり)」。
酒樽に飾られる「ササユリ」が栽培されている急こう配の斜面の横を降りてゆきます。

「大直禰子神社(おおたたねこじんじゃ─若宮社)」
第10代崇神天皇の時代。国内で疫病がはやった折に、大物主大神が夢枕に立たれ、我が子「大直禰子命」に自分を祀らせよとのお告げ。
さっそく大直禰子命を探しだし、大物主大神を祀らせたところ、直ちに国は平癒し、富栄えたということが、「古事記」「日本書紀」に書かれてあるそうです。
画像

画像

大神神社も、山の辺周辺も、まだまだ散策したりない場所です。
次はぜひ、三輪山に登るぞ!と思いつつ、桜井を後にしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大しめ縄の掛け替え - 迎春準備が進む
迎春準備が進む桜井市三輪の大神神社で11日までに、参拝者も手伝って大しめ縄が掛け替えられた。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2012/12/15 19:08
祝ブログ開設4周年!
ウェブリブログから、お祝いメールが届きました。 ...続きを見る
NPO法人、一日一歩
2013/10/15 12:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おすすめ情報 recommend Amazon.co.jp

素麺と三輪山の町、奈良県桜井市 その2 NPO法人、一日一歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる