アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「産学官民」のブログ記事

みんなの「産学官民」ブログ


「一期一会」の意味を間違って理解してました。

2013/10/27 12:06
こんにちは。NPO法人 Layer Boxの月森砂名です。

今、「茶道発祥の地 奈良 〜匠は今も〜」というタイトルで、
茶道の歴史や、高山(奈良県生駒市)の茶筌工程をCGで解説する
電子コンテンツを制作しています。

制作しているのは、世界の最先端をゆく、次世代を育成している
日本電子専門学校CGクリエーションの学生さんたち。

新宿区の専門学校 × 奈良側の産学官民のコンソーシアム
でタッグを組みました!

最古の都と最新の都との協働
最古の素材を最新の技術で表現!

完成に向けて、今、監修作業に入っているところです。

さて昨日夜中に、「一期一会」について、ちょっとした議論がありました。

「一期一会とは、生涯でたった一度(かも知れない)、
人との出会いを大切にしましょう」

という意味だと思っていたのですね。

--------------------

一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来することわざ。

これまでにも何度となく茶を供し、
これからも何度でも会うであろうお客であっても、
今日という日の、今のこの時間は、一度きりしかない。
だから、今できる、最高のおもてなしをいたしましょう」

そういう意味だったのですね。

千利休の茶道の筆頭の心得です。

「平たく言えば、
これからも何度でも会うことはあるだろうが、
もしかしたら二度と会えないかもしれないという覚悟で
人には接しなさい、ということである」(Wikipedea)

この後ろの部分だけが広く知られるようになって、

「人と人との出会いは一度限りの大切なもの」

と、書いているものも散見されます。
私も勘違いしていました。

微妙な違いですが、正しい認識としては、
フォーカスしているのは「今、この一瞬」なのですね。

桜田門外で暗殺された、大老 井伊直弼(いい なおすけ=幕末の大名。近江彦根藩の第15代藩主)の
著書『茶湯一會集』巻頭にも、この「一期一会」があることで有名です。

--------------------

昨日はもう、戻って来ません。
また、明日は、今がないと存在しません。

「今」をいかに生きるか。

多くのビジネス書に、この「今」について書かれています。

時間は永遠のテーマです。

今日を忙殺されることなく、また無為に過ごすことなかれ。

どうぞ、素敵な週末をお過ごしくださいませ。

画像


写真は、今回の取材にご協力いただいた「竹茗堂」久保左文さん。

【Grow up!】オフィシャルサイトはこちらです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大企業のCSR活動の取り組み

2012/11/24 12:38
大日本印刷(DNP)本社で開催された
「O2O (オーツーオー)時代の新しいコミュニケーション」
http://www.dnp.co.jp/seminar/2012/

先ごろお知り合いになった日本電子専門学校の先生からご案内いただき、最終日、大日本印刷の本社まで、行ってきました。
私の事務所から5分のところにあります。

1Fの展示部分では、「つながる」「捉える」をキーワードに新開発の商品やシステムの展示が。
「伝える」のキーワードでは、「イエナカ」「マチナカ」「ミセナカ」「ブランディング」それぞれのシチュエーションでの、新商品やシステムのデモンストレーションと、担当者による説明が行われていました。

2Fの展示部分では、「支える」を切り口に、「BPR」と「セキュリティ」に関する展示。

一通り見学させていただいた後、DNP側が用意したラスト2本のセミナーに参加させていただきました。
内容はプロジェクトの事業紹介とサービスの説明という感じで、40分程度の短いものでした。

二本の中で、私にとってジャストミートだったのが、「企業・学校・家庭を結ぶ教育支援施策」。

--------------------

得意分野の印刷および印刷物に、映像および映像コンテンツを加えて、学校側からご提案の授業のお手伝いをしたり、体験プログラムのご提案をしたり、コンテストを企画したり、出前授業を行ったり。
ターゲットは小学校(および学校)です。

私たちNPOが、教育事業の枠組みでやっていることを、CSR活動の一環として、企業として取り組み始めたのですね。

「教育支援施策を通じて企業の思いを 学校・家庭へと むすびます」

ここでソーシャルビジネスをやる者なら、資料の1ページ目に、理念(あるいはストーリーや社会課題)を掲げるのですが、DNPさんの資料は、表紙を開けると、いきなり「何ができるか」、コンテンツ(商品)群のご紹介です。

なので、何が目的で、どういう社会にしたいのか、目的とビジョンが判りづらい。

2009年に設立された部署らしいのですが、これから期待大です。

--------------------

現在特定非営利活動法人 Layer Boxでは、これまでの活動を継続し、さらに大きな枠組みで発展させてゆきたいと、教育機関や個人にお声を掛けながら、ゆっくりとしたペースで会議を繰り返し、現在、企画書のたたき台をお願いしているところです。

個人や個々の民間団体だけでやってゆける規模ではなく、また、それぞれがバラバラに事業を行って、エネルギーや資本を分散(消耗)してしまってはもったいないですし、そんな余裕もありません。

少しでも共通の理念や事業内容をお持ちのところとどんどん繋がり、互いの持てる力を持ち寄り(うちは微力ですが)、実現させていきたいと思います。

そのためには。

大きな理念を持たなくてはなりません。

大きな夢と強い信念を持たないと、多くが関与すればするほど、「ちょっと違っちゃってるんだけど・・・??」と、疑問やズレ、ブレが起こりやすくなると思うのです。

そして具体的な行動計画を持つべきです。

もう、最初の一歩は踏み出しています。

企画書のたたき台、第一弾は昨日、受け取りました。
今後、どう膨らませ、まとめてゆくか。誰が、どう動いてゆくか。

とりあえず私は、あちらこちらに出かけ、声を掛けてゆきます。

「一緒にやりませんか?」

何年か後に、このスタート地点が懐かしく思えるように、なりたいな。

--------------------NPOで活動したいとお思いの方へ。

私たち特定非営利活動法人 Layer Boxでは、いつでも会員の方を募集しております。
一緒に活動をしてみたいとお思いの方は、以下のページの「お問合せ・info」ボタンをクリック。
メッセージフォームでお問合せください。

http://www.aoniyoshi.us/layerbox/


また、NPOやソーシャルビジネスについて知りたい、勉強したい方は以下のイーラーニング講座をおすすめします。
【NPO法人入門編】〜NPOって何?NPO設立から、助成事業まで〜
http://www.knowledge.ne.jp/lec2072.html

おかげさまで、「プロフェッショナル系」「ビジネススキル」のカテゴリーで1位になりました。

お試し講座もあります。
お友達にNPOを立ち上げたい、働きたいと思っている方がいらしたら、ぜひ、おすすめください。

イーラーニング講座【NPO法人入門編】〜NPOって何?NPO設立から、助成事業まで〜
http://www.knowledge.ne.jp/lec2072.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「産学官民」ブログ

おすすめ情報 recommend Amazon.co.jp

NPO法人、一日一歩 産学官民のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる