ちょっとマニアックな奈良の旅 -1-

さてとうとうGW突入!

4/24から「平城遷都1300年祭」がメイン会場平城宮跡にて本格的に始まり。

奈良が最高潮に賑わっています!
今、日本中でもっとも熱いスポットは【奈良】です!

そこで。シリーズで奈良の旅をご紹介してゆこうと思います。

しかも。

「もう、東大寺や奈良公園の鹿や法隆寺はもういいよ!」というあなたに。

ちょっとマニアックなスポットをご案内いたします。

--------------------

まずはマップを見てください。

画像


これは奈良が発祥の地である「能」にちなんだ旅です。

昨年のGW。
私はカメラ片手に散策し、レポートをまとめ、「不思議のくに奈良へ」という企画書を作りました。(Fエリアはまだレポートしていません)

「もう、私たちは奈良のことは何でも知ってるから、今さら」

そんな東京の奈良県人の方々が、この企画書を見て、これは知らなかった!面白い!と喜んでくださり、今年の秋、奈良に来てくださることになりました。

「普通のパッケージツアーでは物足りない!」そんなお客様にお勧めの

旅コレクト

というマニアックなツアー企画で定評のある「近畿日本ツーリスト」さんにも目を留めていただき、ビジネスマッチングのきっかけとなりました。

さて、今日はその中から。
Eエリア(近鉄橿原線「笠縫」下車)の「秦楽寺(じんらくじ)」「金春屋敷跡」「補厳寺(ふがんじ)」

以前もこのブログで紹介しました。

怨霊伝説と、能にまつわる数奇な運命 ~その1~

怨霊伝説と、能にまつわる数奇な運命 ~その2~

まだの方はぜひ。

そして。
GWに、奈良でどこか面白いところはないか?とお探しの方のために、改めてご紹介させていただくことにしました。

--------------------

なぜこのような企画書を作ったかというと。

私どもは今年10月30日(土)、奈良で舞台を上演します(奈良県文化会館国際ホール)。

奈良初!「能」と中国の「昆曲」の競演!
舞太鼓とアート映像とのコラボレーション!

伝統的でありながらまったく新しい舞台【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし

特に「能」は奈良が発祥の地。

しかしそのことはあまり知られていません

それではあまりにも残念!

というわけで能の発祥の地だけでなく、演目の舞台であったり、謂れのある場所を巡ってレポートし、旅企画を作ろうと思ったのです。

それが近畿日本ツーリストさんの目に留まって、今回の舞台の「協力」をしていただくことになりました。

昨年のGWはたいへん暑く、日射病で倒れそうになりながら、里道をてくてくてくてくとひたすら歩いたことを懐かしく思い出します。

一年後のGWには公開しよう!
そう考えていたのですが。

早いものですね、あっという間に一年が経ちました。

実はそのときにはまだ、舞台を主催する特定非営利活動法人 Layer Boxは立ち上がってなかったし、近畿日本ツーリストさんとも出会ってなかったし、このブログさえなかったことを思うと。

一年の間に、多少なりとも形になって進んで来たことを嬉しく思います。

奈良の田舎道だけでなく、人生の一本道を、多くの出会いに感謝しながら、ひたすら歩いてゆきたいなと思います。

明日は別のスポットを、写真とともにご紹介いたしましょう。

【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】チケット好評発売中!ご購入はこちらからどうぞ。


============================================================

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック