奈良がモチーフ「花神の舞」@大崎O美術館

お知らせです。

コズミック・フュージョン 2

地球・生命をテーマにネイチャーアートからファンタジーアートまで、現在活躍中の巨匠から期待の新人イラストレーター・画家たちが一堂に会します。
100名近くのアーティストが集結する一大展覧会です!
ネイチャーアートやファンタジー作品で、世界にその名を知られる玉神輝美さん(コズミック・フュージョンのプロデューサーでもあります)や、 ゲーム「信長の野望」「三国志」のキャラクターで知られる長野剛さんの作品も展示されます。

■日時

7月30日(金)~8月4日(水)
10:00~18:30(入館18:00まで)
初日15:00開館、最終日17:00閉館

■場所

大崎 O美術館

http://www.shinagawa-culture.or.jp/o_art/

■オープニングパーティ
 7月30日(金)15:00~18:00

■ツルノリヒロ・ミニライブ
 8月1日(日)16:00~

■交流会(誰でも参加できるミニパーティ)

 8月2日(月)14:00~17:00

月森砂名・相良ゆみ フォトアート作品と

  舞踏とのコラボレーション「花神の舞」

 8月2日(月)17:00~

--------------------

私もフォト・アート「花神の舞」で参加します。

画像


花神の舞のコンセプトは、出身地「奈良」がモチーフです。

コンセプト--------------------

芽吹いたばかりの新緑が清々しい、ちょうど5月頃の奈良。

人や街がやっと起き出し、空気もまだ活動を始める前の…そんな黎明に。
「飛火野」を抜けてさらに奥の森に足を踏み入れると、木漏れる朝陽を浴びた草花や樹々が、生き生きと息吹いているさまを、気配だけでなく視覚でも感じることができる気がします。

精霊の存在を実感できる瞬間とでも言いましょうか。

アニミズムな環境から生まれた花に宿る精霊をイメージしたフォト・アートです。


--------------------

国立新美術館の展示や銀座のギャラリーでの個展では、光を透過するブライダルサテンやオーガンジーといったテキスタイルへのプリント作品でした。

バーチャルとリアル─両方でのレイヤー構成によって生まれた独特の遠近感によって、観るものを不思議な空間へと誘う空間芸術(インスタレーション)です。

今回は残念ながら、天井からの吊下げが不可能であること、天井の高さが足りないことから、

「抱擁~春夏秋冬~」をA3額にて展示いたします。

8月2日は、「花神の舞」のモデルでもある舞踏家 相良ゆみさんの舞踏を上演します(時間40分ほど)。

・ 相良 ゆみ Yumi SAGARA (舞踏・振付)
・ 西原 梨恵 Rie NISHIHARA (衣裳デザイン)
・ 石山 理  Osamu ISHIYAMA (音楽)
・ 月森 砂名 Sana TSUKIMORI (企画・演出・プロデュース)

本来なら、インスタレーションから花神が現実に躍り出るという演出なのですが、今回はフォト・アートと一緒にお楽しみください。

【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】チケット好評発売中!ご購入はこちらからどうぞ。


============================================================

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック