よそから来たお客様!奈良紀行 その2(写真7枚)

今年9月、10月、埼玉の川越から、尚美学園大学の定平誠ゼミの学生さんたちが、奈良のPV映像を撮影に来る!

というわけで、下見に来た学生さん5名(うち男子学生1名)と先生2名。
一方、ズブズブの奈良県人の私は、いったい彼らが

「何に驚き、感動するか!」
を観察するべく、密着取材を続ける。

その珍道中振りと、観察レポートはまだまだ続く。

--------------------

橿原ロイヤルホテルに一泊したご一行様を、朝9時にお迎えに上がる。

このホテルとJR奈良駅西の日航ホテルは、旅行代理店の激安パックの指定ホテルでもある。往復新幹線のチケットと一泊宿泊が付いて、二万円前後~二万円台と、かなりお得なのだ。
売り出された瞬間、売り切れていることも。

橿原ロイヤルホテルに到着。
部屋まで見学したわけではないが、チャペルも隣接していて、なかなか良いホテルだ。

今日訪ねるのは、「飛鳥寺研修会館」と「飛鳥寺

秋に、宿泊する施設だ。

近鉄橿原駅で時刻表を渡され、10分後に飛鳥寺までのバスが出るというので、慌てて停留所に向かうと。

画像


「そのバスは、今の時期は運行してへん

と、別のバスの発車を待つ運転手さん。
こともなげに言ってのける。

まただ。
前日も平城宮跡で「天平衣裳体験」が、「7月8月はお休み」と張り紙が。

奈良は、事前告知がなく(あるいは目立たない)、急にルールを変えるのがお得意のようだ。
奈良で生まれ育った私が、ルール変更が得意(身勝手)なのも、頷ける気がした。
これは風土なのだ(力説!)。

--------------------

タクシーに分乗して「飛鳥寺」に向かう。
途中、絶景の田園風景。
青々としていて、山並み(甘樫の丘)も美しい。

「明日香村は風致地区になってから、新しく建築物を建てることが禁止された」

土地活用ができないため、固定資産税がゼロ円の所もある、とタクシーの運転手さんが教えてくれた。

--------------------

飛鳥寺研修会館」に到着↓

画像


秋には30数名で宿泊する。

電話ではすでに、植嶋副ご住職とお話させて頂いていて。

9月、10月と二度にわたる遠征に、学生たちの負担もたいへんであることを伝えると、有難いことに、いろいろとご配慮いただいた。
電話の応対はたいへん親切で商売熱心(?)な印象を受けたので、年配の方だと思っていた。

それが…。

玄関口で待っていらした植嶋副ご住職を見て驚いた。

イケメーン♪
ジャニーズ系~↓

画像


とにかく。
お坊さんの美しいのは危険だ。

古くは孝謙天皇と「道鏡」(は、美形かどうかは分からない)の関係。

極めつけは能や歌舞伎でもおなじみの『道成寺』

安珍清姫伝説の安珍は相当な美形だったらしい。
一目ぼれし、夜這いまでかけた清姫。
「また立ち寄る」と言い残して黙って旅立った安珍に、烈火のごとく怒った清姫は、大蛇となって追いかける。
途中、道成寺に助けを求めた安珍は、梵鐘を降ろしてもらい、鐘の中に匿われる。

おのれ、逃すものかぁっ!

大蛇となった清姫は梵鐘をぐるぐる巻き。

口から火を吐き、紅蓮の炎!!

哀れ、安珍は焼き殺される。

………(-_-;)

いやはや、なんとも、すさまじい話だ。
フラれた女の執念は、ホラーばりに怖い。
そもそも夜這いを掛けられたときに、安請け合いするからいけないのだ。
自業自得。

とまあ、大きく話が逸れてしまったがw。

ま、そんな危険な匂いも漂わせず、女子学生たちは無邪気に、福ご住職と名刺交換会~↓

画像


「すみません、名刺を作ったばかりなので、誰彼なく渡したくてしょうがないんですよ。すみませんが、受け取ってやってください。後で、捨ててもらって結構ですからw」

と定平先生。

--------------------

夏は尚美学園大学と同じように、ゼミ合宿に来る関東の大学が多いそうだ。

もともとは「集団就職」の人たちが、身の振り方が決まるまで利用した施設だそうだ。
しかし今時は「集団就職」もなく、ゼミ旅行や研修旅行に利用される。

ただし、修業体験ができる「宿坊」ではない。
「座禅」について尋ねてみると、宗派が違うので座禅はないが、「瞑想」をするのは自由とのこと。

「叩かれたり、しないのですか?」
「座禅ではないので、警策(きょうさく)はありません」
「はあ…叩かれないのですか…」
「まあ、叩かれるのが目的ではなく、心を鎮めて瞑想するのが目的ですからw」


部屋を見せてもらった。

画像


貸切で使わせてもらえる。

ただしここはホテルや旅館などのサービス施設ではない。
キレイに使う、ゴミはすべてお持ち帰り、食事の配膳はセルフサービス、汚さない、暴れない、など、「お寺の施設であるという意識だけは、心の隅にでも持っていてください」

お風呂もご覧のとおり、そこそこ広い。(学生さんへ 注:お風呂に入る時はハダカで入りましょうw♪)↓

画像


先生方はさっそく奥の部屋を職員室と決めたようだ。

「反省部屋もここだなw」

--------------------

さて最後に。
相変わらず厚かましい質問をズケズケ尋ねる私だが。

植嶋副ご住職は、飛鳥寺の跡取りなのか、お伺いしてみた。

「私は、ここの息子ではないのですが。お隣の『飛鳥神社(飛鳥坐神社)』の宮司の飛鳥さんは、ずぅぅぅぅっと1400年間、飛鳥さんです」

「ええええ??」「おおおおおっ」

みんなの感嘆の声。
これは、奈良県人の私も大いに感動した。

1400年間、飛鳥さんって…すごくない?

画像


平城京の1300年は、藤原京からすると、まだまだ新参者なのだ。

「ここらは、ほんまに何もない田舎ですから…まあ、何もないのがいいという人もいはるけど。私ら南のモンにとっては、北の方(奈良市)でさえ都会ですわ」

と副ご住職はご謙遜なさるが。

「1400年の元、都。明日香村」

佇まいそのもの、存在そのものが宝だ

(その3に続く…)

【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】チケット好評発売中!ご購入はこちらからどうぞ。


============================================================




極める・日本の美と心 奈良の名刹 6 飛鳥寺・当麻寺 [DVD]
株式会社アスク

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

飛鳥 (通常盤)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
Rin’

ユーザレビュー:
まさに“飛鳥”『時空 ...
歌唱はいらないデビュ ...
正直、期待はずれでし ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

奈良・飛鳥
楽天ブックス
商品副データことりっぷ昭文社発行年月:2008年04月登録情報サイズ:全集・双書ページ数:127pI

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




奈良・飛鳥への旅
楽天ブックス
商品副データ遷都千三百年古の都へMook 21共同通信社発行年月:2009年12月登録情報サイズ:ム

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

尚美大定平ゼミ3年男
2010年07月20日 02:11
私は今回奈良には行けなかったのですが、月森さんのレポートを拝見して奈良に行くのが凄く楽しみになりました。奈良PV撮影きちんんと完成させたいと思います。
祝祭祀あをによし 月森砂名
2010年07月20日 08:49
★尚美大定平ゼミ3年男さん

まだまだ、知らないこといっぱいです!
不思議いっぱい。
世界の人はもっと驚くでしょうね。
どんどん掘り起こしていってください。

秋はよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック