奈良初、奈良発の真夏のセミナー

昨年、舞台が終わってから、国、自治体、民間織り交ぜて9つの助成事業にチャレンジ、現在、一つは審査中、2つの事業が採択になり準備中です。

中でも念願の産学連携の助成事業(内閣府─奈良県)は、奈良市(教育委員会)と協働の提案をさせていただいたのですが、残念ながら不採択となりました。

しかしながら学んだことは、特定非営利活動法人 Layer Boxだけで事業を進めるよりはるかに多く、行政、企業、教育機関において、立場によってそれぞれ異なる価値観、仕事の進め方があって、「常識」が、どの視点からなのかによってまったく異なっていることを知りました。

行政は国の機関であれ県であれ市町村であれ、一旦仕事となって、担当官が決まると、懇切丁寧な対応と几帳面な仕事ぶりで、事業報告が完了するまで遂行され、その態度は一貫しています。
その徹底振りは、自営業でもあり万事大雑把な私にとっては驚異的で、彼らに習って仕事をやり終えると、清清しい達成感が残り、最近自分でも、かなり気が長くなったように思います。

〆切厳守ですが書類が間に合うよう、かなり融通を図ってくれます。
居残りさせていただき、再計算、修正し、申請書提出の刻限にぎりぎり間に合うということも何度かありました。

本来大きな助成事業は、担当部署に何度か足を運んで、個別に相談をして、完璧な形で提出に臨むべきところ。ぶっつけ本番で臨むあたりが浅いのでしょうね。

また提出されるべき書類が提出されないと、何度でも催促され…してくれます。
さらに、至らぬ私が何度も質問を繰り返しても、どの担当官も笑顔で、きちんと回答をしてくれます。
遠慮なく、ずいぶん勉強をさせていただきました。

逆に企業は、淡白です。
「メリット、ベネフィット」がないと、はい、さようなら。
ゼロからお勉強をさせていただこうなどと甘い考えでいたら、あっさり切られてしまいます。

教育機関は融通が利きにくいことを実感します。
年間のスケジュールがびっしり埋め尽くされていて、割り込む隙がありません。
「いまどきの小学生は忙しいから」
先生も、児童も、生徒も、学生さんも同様です。
一年前からご相談をしていないと動きません。

一方で、助成事業は恐るべきスピードで流れていて、応募告知からわずか二週間程度で〆切、そしてプレゼン、一週間で審査結果と言う流れが多いため、なかなかアレンジしにくいのが現状です。

特定非営利活動法人 Layer Boxは、役員のうち5分の3が、ハイテク、システム系の大手企業出身、もしくは教育関係に強く、おかげさまで新規性、先進性あふれる文化事業のご提案が出来るところが魅力です。

一方で実際の運営はほぼ私一人で行っているため、組織的に脆弱で、事業の枠組みを容易に広げられないことが課題になっています。

          --------------------

さて、初の産学官民協働なるか?と夢に胸膨らませ臨んだ「新しい公共」におけるビジネスモデル【学校におけるPM型イノベーション】。

先ほども述べましたが、残念ながら不採択となってしまいました。

この事業は、奈良女子大共催、協力・実行委員、司会進行を務めさせて頂いた「つぶやきでまちおこしフォーラム@奈良」でご協力いただき、東京奈良県人会でも面識のある仲川げん奈良市長にもお力添えいただき、進めてきましたが、力足らず、関係者の皆様にはたいへん申し分けなく思っています。

すると「また違う形で取り組めたら」と奈良市長には背中を押され、事業で協働予定だった東村山市立大岱小学校の前校長西留安雄先生には「ぜひ、奈良でセミナーを開催しましょう」とお尻を叩かれ。

落ち込んでいる場合じゃないのだ!と。
とにかく、やってみないことには何も始まらない!と気を取り直し。

少しずつ、一つずつ実行してゆくならば、できるんじゃないか、突破口が開けるのではないかと思い、8月にセミナーを開催することにしました。

以下、セミナーのご案内をさせて頂きたいと思います。

--------------------
【学びを起こす学校改革】

● 強い意志と実行力で学校を変えた校長が今、語る!
● 教育界、メディアで注目!奈良初のセミナー

 西留安雄 氏─東村山市大岱(おんた)小学校前校長による
 セミナー(講演とワークショップ)を開催します!

 http://www.aoniyoshi.us/layerbox/110811-manabi.htm

■日時:2011年8月11日(木) 13:30~16:00(13:00開場)

■会場:場所 奈良県文化会館 小ホール

■参加対象者:小・中・高の管理職、管理職希望者、教諭、教育機関、保護者
       地縁組織、NPO法人、教員志望者、その他一般どなたでも

  ※改革内容は、教育の現場は言うまでもなく、その他さまざまな組織でも
   通ずるところがあります。
  ※大阪府、和歌山県に先駆けて、奈良初、奈良発のセミナーとなります。

■参加費用(資料代):1,000円

■お申し込みはこちらから!  
  ○ インターネット ⇒ こちらのフォームからお申込ください

      http://www.aoniyoshi.us/layerbox/mail110811.html

■主催:特定非営利活動法人 Layer Box
 後援:奈良県教育委員会(申請中)/奈良教育大学(申請中)

■目的・趣旨:学校を変えた11の秘訣とは?!

  ●教師が子どもたちと向き合う時間を作り出す!
  ●実行したら即、評価!改善策こそ大事!これぞ有益なDCAPサイクル
  ●職員会議の廃止!すべての意見を尊重
  ●子どもたちの言語能力を高めることが、変革へとつながる
  ●45分のうち、先生はたったの8分!?子どもたちが学びあう教室とは?
  ●授業参観は保護者じゃない!?子どもたちが参観する意味とは?
  ●行事のリハーサルは行わない!?
  ●地縁組織、中学生がボランティアでお手伝い!
  ●苦情は宝、保護者からのどんな苦情も学校全体で受け止める
  ●学校の常識は世間の非常識?大岱常識手帳
  ●年度末は3月じゃない。12月決算を導入したことで…

■プログラム内容  
  13:30~14:35 基調講演「私はこうして、学校改革を成功させた」
              講師:西留安雄
  14:35~14:50 休 憩
  14:50~15:20 ワークショップ 「聴くだけ」から「Do」へ!
  15:20~15:30 休 憩
  15:30~16:00 まとめ:最後に、西留先生から総評を頂きます。

その他詳細は、こちらからどうぞご覧になっております。

 http://www.aoniyoshi.us/layerbox/110811-manabi.htm

皆様のご参加をお待ちしております。
どうぞお誘い合せの上、お越しくださいませ。


学びを起こす授業改革
ぎょうせい
村川 雅弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学びを起こす授業改革 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック