テーマ:歴史

日本一の街並み@奈良県橿原市今井町

~江戸時代へタイムスリップしたような町並みが今に残る奈良県橿原市今井町~ 最近流れている「大和ハウス」のCMでおなじみ ─奈良県橿原市今井町。 戦国時代(16世紀) 一向宗本願寺坊主の今井兵部卿豊寿に続き、 門徒らの手にによって、都市計画に基づき、 寺や環濠をめぐらしたことに端を発します。 その後、大坂や堺など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満席!飛鳥寺さんの法話(東京-まほろば館にて)

先日、奈良まほろば館(東京日本橋)にて開催された「南都法話会」~奈良の有名寺院の若手僧侶が伝える「奈良の心」~ お話は飛鳥寺副ご住職の「植島寶照 師」。 「飛鳥寺の文字通りナンバー2ですが、下から1番目です」(爆笑)と、人懐こい笑顔で、掴みはOKな滑り出しでした。 写真1:2010年、尚美学園大学のみなさまがお世話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大寺、大仏焼き討ち

NHKの大河ドラマ「平清盛」。 いよいよ23日で最終回を迎えます。 http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/ 9日放送回では、奈良阪・般若寺が戦場となった、治承・寿永の乱(1180年-)について描かれていました。 平清盛の命を受けた平重衡(たいらのしげひら)らの軍勢が、平氏に楯突く寺社の反対勢力を制…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『勤行』レポート─大本山総持寺(横浜市鶴見区)

3月。 神奈川県横浜市鶴見区にある曹洞宗大本山総持寺にて、朝の勤行に参加しました。 http://www.sojiji.jp/ (写真上、大祖堂(だいそどう)) 急なお願いでしたが、快く、撮影を許可してくださいました。 (ブログへの掲載は、予め許可をいただいております) 前日、総持寺の宿坊に宿泊、翌朝は4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天誅組の悲劇。150周年(2013年)に向けて

天誅組(てんちゅうぐみ) 幕末の文久3年(1863年)8月。倒幕して新しい日本を創る「さきがけ」となろうと公卿、中山忠光を筆頭に、立ち上がった尊皇攘夷派の志士たちです。 今の奈良県五條市を拠点とし、孝明天皇の大和行幸を機に、挙兵しようと準備を整えていたのですが、京都御所での政変により、事態は一変。 あろうことか逆賊の汚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃の町「田原本町黒田」─『桃花の宴』

奈良県磯城郡田原本町は「桃太郎」の生誕の地。 「古事記」「日本書紀」より、第七代孝霊天皇の皇子、吉備津彦命が桃太郎がモデルと見なされ、その孝霊天皇の黒田廬戸宮(いおと)があったとされる黒田では、桃の栽培に力を入れています。 黒田の【桃花会(とうかかい)】では、毎年、桃の時期に黒田公民館で宴が催されます。 会場では桃の花飾り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石牟礼道子の世界─神々の村─

食わず何とかで、「朗読」はテレビでしか聴いたことがなかったのですが、知人の女優さんが声を掛けてくださって、初めてライブで聴いたのが4年ほど前のことだったでしょうか。 朗読で聞かせる表現力とは、すごいものだと驚きました。 さて、昨日は「石牟礼道子」さんの詩を、女優の藤村志保さんが朗読。 原郷界山(はらごうかいざん)さんの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

セファルディ・ユダヤの歌~岡庭矢宵~

「セファルディの歌」 何も知らなかった私は、セファルディとは…作曲家の名前かと思っていました。 が… -------------------- キリスト紀元後。 ユダヤ人の離散が起こり、世界各地に散らばりました。 中でも、イベリア半島に渡ったスペイン・ポルトガル系ユダヤ人を「セファルディ」と呼ぶそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奈良県磯城郡田原本町─桃植樹祭

昨日3月3日、奈良県磯城郡田原本町で桃の植樹祭があり、ご招待を受けて行って参りました。 場所は蔵堂、村屋地区。 田原本町の東の端に位置する村屋坐弥冨都比売神社(むらやにますみふつひめじんじゃ)参道南の田圃に、三反分、40~60本ほど、植樹されました。 果樹は数種類植えないと受粉しないそうで、桃の種類は、「清水白桃」「川…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奈良県-田原本町がテレビで紹介されました!

街角トレジャーハンター!#117|eo光チャンネルPLUSにて。 奈良県磯城郡田原本町が紹介されました。 放映は終了したのですが、番組のホームページから、録画が観られます。 http://eonet.jp/eohikari-ch/machikado/ 番組では。 弥生時代の楼閣─唐子遺跡や、唐古・鍵 考古学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二県で盛り上がる!古事記1300年紀

「古事記」1300年で、島根県が、奈良県大和郡山市が、奈良県磯城郡田原本町が、今年、大いに盛り上がろうとしています。 「古事記」は、 天武天皇(てんむてんのう)がクライアント 稗田阿礼(ひえだのあれ)が語り部さん 太安万侶(おおのやすまろ)がインタビュアー&ライター の一大プロジェクト。 太安万侶は優…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「古事記」って、え?こんな物語なの?

「古事記」が編纂されてから、今年でちょうど1300年になります。 奈良県では、日本書紀が編纂されて1300年目を迎える2020年まで、9年間にわたって「記紀万葉プロジェクト」を開催いたします。 シルクロード博、平城遷都1300年祭と、大きなイベントを二つ成功させてきた奈良県ですが、記紀万葉プロジェクトに関しては、これまでのイベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「能楽のふるさとを伝え残そう」─募集中

今年の秋、奈良県内で、「能楽のふるさとを伝え残そう」という3Dカメラによる取材撮影を行います。 (主催:特定非営利活動法人 Layer Box) http://www.aoniyoshi.us/layerbox/110923-noufuru.htm これまでにもさまざまなメディアで、有形無形の文化資産の多くが、記事で、2D…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「古事記」に触れてみる

来年2012年から2020年まで、奈良では「古事記と日本書紀が編纂され、万葉集が誕生してから1300年が経った」として、「記紀万葉プロジェクト」が開催されます。 昨年、平城遷都1300年祭が一年間かけて開催され、シルクロード博以来の賑わいでした。 常日頃の地域活性化の動きとも合わさって、各地での活動も盛り上がりを見せています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

世界一の桜は、ここで観る!

奈良県吉野。 千本桜。 今から1300年前。 役行者(えんのぎょうじゃ)が金峯山寺を開くとき、感得した蔵王権現を桜の木に刻んだことから、桜はご神木としてずっと保護されてきました。 「ひとめ千本」 山の桜の全貌が、一望に見渡すことのできる展望台は、豊太閤秀吉が権力の絶頂に登りつめた時に訪れたことでも有名です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新ビジネスモデル@薬師寺(1)

奈良、西ノ京の薬師寺(近鉄「西ノ京」下車)。 お写経道場に行ってきました。 毎月8日(薬師縁日)は、写経会と管主法話がセットになっています。 写経自体は朝9:00~17:00まで随時、受け付けていますし、ご自宅でも、東京別院でも写経ができます。 薬師寺東京別院でのお写経行事は以下のとおりです。 毎月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇の交尾@注連縄(しめなわ)

SNSで注連縄(しめなわ)が話題になっていて、誰かが 「100均でも売っている」 と書いているのを見つけて、デフレもここまで来たかと、さっそく確かめに行きました。 幸か不幸か 近所の100均には100円で お飾りはありましたが、注連縄は売ってませんでした。 明日も遅い時間まで売れ残ったら、安値で叩き売られるのでし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ある秋も深まる夜の物語

錦秋の日曜日。清清しい朝をお過ごしのことと存じます。 そこでいつもの、読むだに鬱陶しい仕事の話などやめて、今朝はあなたの心に一陣の風をお届け…できればいいですね! はてさて。 奈良県桜井市にある大神神社(おおみわじんじゃ)。 三輪山(みわやま)をご神体として祀っておりますが。 昨今、養老孟司による参勤交代の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

怨霊伝説と、能にまつわる数奇な運命 ~その2~

■ふたたび繰り返される悲劇  夜の帳が降り、煌々たる篝火に照らし出され、その姿は神々しくも輝いておりました。  その唄声は迦陵頻伽 (注1参照:かりょうびんが)か、舞姿はまさしく天女か?  魂が奪われたかのようにトランス状態で魅入る貴族たち。  時の将軍、足利義満も例外ではありませんでした。  舞が終わり、舞手は将軍の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

怨霊伝説と、能にまつわる数奇な運命 ~その1~

■滅びゆく人々  その昔。  グローバルな視野、スピーディーな行動力、合理的なシステム作りで、瞬く間に国家の礎となる基盤を築き、都にその人ありと謳われた若きイケメン貴公子─聖徳太子。  身分の低い秦河勝(はたかわかつ)を経済官僚として大抜擢、人事に関してもその手腕を発揮します。  秦河勝は渡来人で、秦の始皇帝の生まれ変わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more