テーマ:平城遷都1300年祭

よそから来たお客様!奈良紀行(平城宮跡の巻)

今年9月、10月、埼玉の川越から、尚美学園大学の定平誠ゼミの学生さんたちが、奈良のPV映像を撮影に来る! 奈良の文化にフィーチャーしながらも、当時の平城京が中国との文化交流が盛んだったことから、中国の文化との接点を模索する意欲的な舞台。 【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】(10月30日、奈良県文化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイビジョンと3Dカメラが入ります!能とイーラーニング

6月5日(土)14:00~15:30 東京日本橋三越前「奈良まほろば館」にて開催される<大和古典芸能講座>(主催:奈良県、奈良まほろば館、協力:特定非営利活動法人 Layer Box) ■講師:金春安明(シテ方金春流八十世宗家) 「京劇と昆曲・歌舞伎と能楽。アジア大陸と奈良」 アジア大陸から来た芸術と日本古来の祈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京奈良県人会でのあんなこと、こんなこと

昨日、東京奈良県人会の総会が、銀座にてありました。 一年間の事業報告と収支決算報告ののち、講演会があり、その後、懇親会。 【祝祭祀あをによし】を、本年度の活動内容に盛り込んでいただいており、県人会を上げて応援してくださることに感謝。 奈良東京事務所と県からも人がいらっしゃるので、立ち上がったばかりのプロジェクト「つぶま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お宝は目の前に!@奈良

先日、幼稚園から一緒だった同級生と話をしていると 「私ら小さい頃から仏像に囲まれて、能に連れられて…もう、嫌で嫌でしょうがなかった」 お宝に囲まれて過ごしていると、ありがたいと感謝するよりも、ありがた迷惑に他ならないのでしょう。 その気持ち、解らないでもありません。 その名を知らない者がない、「奈良の東にある国宝の寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やるときゃ、やるのよ、26社集結!

●人が一緒にやろうと声を掛けても知らン顔。協調性がない。 ●人がやってうまいこと行ってたら、ほな私もと、やっと重い腰を上げる。 奈良県人気質。らしい。 私が言ったんじゃないですよ。 このところアチコチで耳にするんです。 そうかなあ… 私の周りはなぜか、着火マンみたいな人多いから。私自身も。 おもろい!と思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッサリ斬る!なかなかできない、こんな風には

奈良。 2010年、1/1~12/31一年間にわたって開催されている平城遷都1300年祭。 メイン会場となる平城宮跡では、平城遷都1300年記念事業協会主催のイベントが、4/24~11/7、開催されます。 そこでお披露目となるのが。 復原された大極殿。 現在、完成に向けてあと少し。 着々と工事が進められていま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

本屋さんに寄ったら

本屋さんにお立ち寄りの際は、ぜひお手に取って見てください。 【家庭画報】3月号 「平城京遷都1300年記念」 春の奈良、「仏像」を巡る 大和路・雛の里を訪ねて 唐招提寺 天平への旅 巻頭60ページ -------------------- 【FIGARO】 春うららさんの奈良さんぽ ---…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなところに、掲載されてます。

みんなでまち(地元)を盛り上げる まちの魅力発見サイト「ZAQ」さんに、 10月30日(土)奈良県文化会館国際ホールにて上演する舞台 【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】 の情報を掲載していただきました。 http://zaq.ne.jp/spot/65622/event/1/zhu%20J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主張はしたいよね、奈良も

土山SA。 途中のトイレ休憩。 どんなお土産が置いてあるか、さっそく夜のお散歩。 ありました、ありました。 せんとくんグッズ。 あれれれ? 「滋賀・大阪エリア」に置いてあります。 ああ、奈良エリアのブースがないのね。 しっかし。 私が営業なら、ブースの設置や看板の作り変えが無理だったら、可愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師匠、弟子にしてください

師匠でも、先生でも、メンターでも。 呼び方は何でも良いと思うのですが。 そう、お願いしたい人。 実績や知名度、仕事の成果といった打算的な意味ではなく。 教えを請い、自分の考えを聞いてもらい、アドバイスをしてくれる人。 自分が向かっている方向にいて、モチベーションの高い人。 あるいは、広く大きなところから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書くことと、聞くこと

一字一句、書き取ること。 -------------------- 昨日は、広告代理店の人たちと、新しい企画について打合せをしました。 前半は質疑応答の形で、10月30日に奈良県文化会館で上演する舞台【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】のコンセプトについて説明しました。 平城遷都1300年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーク時の半分以下から、今年1.5倍増へ!@奈良

ピーク時(20年前)にはおよそ23万人だった修学旅行生が、4年前からは10万人を割り込んで、京都に大きく差をつけられています。 昔は京都一泊、奈良一泊で、バスで回る~が定番だったのですが。 京都のMKタクシーに代表されるように、タクシーを利用したグループ見学が主流となったのも、京都に連泊する要因だそうです。 修学旅行生を呼…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お能はどうやって観ればいいの?

もし母が、お能にまったく関心がなければ、正直言って、私は お能の「の」の字も知らなかった と思います。 そしてその母も、私の六歳の時に亡くなった父が、お能を母に薦めなければ、お能を習おうとは思わなかったでしょう。 現に、小学校の頃。 同級生で、奈良にある老舗旅館のお嬢さん(後の女将)が、「仕舞」を習っていると聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデルを飼う

平城宮跡に再建された「大極殿」(だいごくでん)。 この春、初お目見えとなるのですが。 内部の壁画に上村淳之氏が、四神(しじん)を描いています。 青龍、朱雀、白虎、玄武 上村淳之(うえむらあつし) 上村松園(うえむらしょうえん)を祖母とし、上村松篁(うえむらしょうこう)の子として京都に生まれ、三代続いての日本画家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊なる鳥@この春初公開

五色の羽を持ち、天下泰平の世に出現し、火を操る。 この動物、なぁーんだ。 -------------------- 答えは「朱雀」 「すざく」と読みます。 奈良県は飛鳥にあるキトラ古墳の四神壁画に描かれた 青龍、朱雀、白虎、玄武 中国の五行説に則って、それぞれ春夏秋冬を守護し、青、朱(あか)、白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じわじわと右肩上がり!

未曾有の不況に、じわじわと右肩上がり! そんな景気の良い話があるのでしょうか。 実は。 奈良の観光客数 少しずつ伸びているんです。 -------------------- 東京日本橋にある「奈良まほろば館」の観光コンシェルジュ武本光世さんからいただいた年賀状には、以下の数字が列記されていました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

頌春!初詣雑感─リアルでもバーチャルでも

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 あちらこちらで発信していますが。 改めて年始のご挨拶をせていただきたいと存じます。 いよいよ、奈良にて平城遷都1300年祭が開幕いたしました。 どうぞこれを機会に、「奈良」の文化や芸能、歴史的遺産、観光資産、産物、その魅力を存分に堪能し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

墓や宝は誰のもの@世界遺産考

「先祖の墓を訪ねたら、いつの間にか世界遺産になってて、自分チの墓参りにわざわざ入場料払って入ったよ」 そう、笑いながら話してくれたのは、【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】の総合演出、金大偉(きんたいい)さん。 先祖の墓というのは、満州族の独立と大清帝国建国の基礎を作った、太祖ヌルハチの眠る瀋陽市の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

物乞いか?ひっぺがしか?

「ファンドレイズ」という言葉を聞いたことがありますか? 私が今、しているお仕事です。 舞台【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】 企業に協賛のお願いをして、お金を集めるプロデューサーのお仕事。 主催の特定非営利活動法人 Layer Boxに助成や寄付をお願いする理事としてのお仕事。 「あれ?…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

費用対効果はどうなの?

平城遷都1300年記念事業協会では急遽、PRの拠点を、東京・大阪に設けるとしていますが、一方で広報予算があまりないとの噂も耳にします。 しかし私は、昨年末だったか…かなり早い時期に、東京の「丸の内線」と「銀座線」に、全車両車内中吊り広告を出しているのを見たのです。 ところで、首都圏の交通広告について、どれだけの費用対効果があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脅威の数字!5.8% 二の舞を舞うか!

「遷都1300年祭 浸透させんと」 と駄洒落で済まさせるほど暢気な話ではなく。 12月10日付け、朝日新聞夕刊のトップを堂々、飾ったのは(@奈良) 上のごとき見出しだった。 -------------------- 主催者(平城遷都1300年記念事業協会)は、1200万人の来場を見込むが、民間の調査では知名度は低迷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奈良ならでは?

300億が100億に削られて…平城遷都1300年祭の予算の話。 昨今の経済情勢から、資金が集まらない。 強引な協賛、寄付金集めはどうよぉという声。 平城京は奈良市に位置するのに、「県を挙げての催し?」 足並み揃わず。 文化財保護の観点から、パビリオン建設は好ましくない。 平城京までの足はどうなる?交通網の混雑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

場所取り合戦 ~卵が先か鶏が先か 編~

昨日は、舞台【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】を、奈良公園で開催しようと思ったけれど…。 という話を書きましたが。 いろんな問題を考えたら、屋外でするにしても雨天の場合を考えて、最低限ホールは押さえておかねばならないということで。 余談ですが。 京都の夏の風物詩「床」の料金が高いのも、そういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

場所取り合戦 ~天の付くものすべからく 編~

舞台【zhu JI SI AONIYOSHI 祝祭祀 あをによし】は、 最初、屋外公演という企画でした。 平城宮跡にて設営された舞台。 右手に朱雀門。 左手に大極殿。 若草山を借景に、暮れなずむ平城(なら)の都。 黄昏から夜の帳が降りる頃。 宴もたけなわ。 篝火に煌々と照らし出された、幽玄で耽美な舞台の数々。 客席…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

平城遷都1300年祭 ~せんとくん~

詳しい経緯はよく分かりません。 ですが、何事も一回ですんなりと上手くは行かないのが世の常のようです。 ご存知の方も多いかと思いますが、「せんとくん」騒動。 彫刻家の籔内佐斗司氏のデザインが「仏の頭に鹿の角とはけしからん」、「キモい」と煙たがられ、さらに公募によって選出されなかった(だから藪の内?)、デザイン料および著作料に…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more