テーマ:観光・旅行

日本一の街並み@奈良県橿原市今井町

~江戸時代へタイムスリップしたような町並みが今に残る奈良県橿原市今井町~ 最近流れている「大和ハウス」のCMでおなじみ ─奈良県橿原市今井町。 戦国時代(16世紀) 一向宗本願寺坊主の今井兵部卿豊寿に続き、 門徒らの手にによって、都市計画に基づき、 寺や環濠をめぐらしたことに端を発します。 その後、大坂や堺など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素麺と三輪山の町、奈良県桜井市 その2

毎年8月に東京有楽町の読売ホールで行われる「三輪山セミナー」(大神神社主催)。 三輪山(みわやま)とは、奈良県桜井市大神(おおみわ)神社の、ご神体の山のことです。 今年も「三輪山セミナー」を受講しましたが、講師の問いに、多くの人たちが大神神社に詣でたか、ご神体の三輪山に登った経験があると答えたのには驚きました。 みなさん住…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

素麺と三輪山の町、奈良県桜井市 その1

先日、奈良県桜井市を訪ねました。 前々からずっと行きたかった「麺ゆう館」に行ってきました。 http://www.miwayama.co.jp/menyukan 素麺の大手で老舗の「株式会社三輪そうめん山本」が、2011年10月1日より、奈良市内から桜井市の本社内に「麺ゆう館」を移転、収容規模を拡大してリニューアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「古事記」に触れてみる

来年2012年から2020年まで、奈良では「古事記と日本書紀が編纂され、万葉集が誕生してから1300年が経った」として、「記紀万葉プロジェクト」が開催されます。 昨年、平城遷都1300年祭が一年間かけて開催され、シルクロード博以来の賑わいでした。 常日頃の地域活性化の動きとも合わさって、各地での活動も盛り上がりを見せています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奈良─長谷寺の門前町

28日付け「奈良─長谷寺の魅力その1」 http://2010aoniyoshi.at.webry.info/201107/article_7.html 今日はその2をお届けします。 長谷寺では毎日朝6時半から、修行僧の勤行(ごんぎょう)が、本堂の十一面観音を拝する内陣にて行われます。 外陣から勤行を見学(参拝)すること…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

奈良─長谷寺の魅力 その1

奈良県桜井市─真言宗豊山派(ぶざんは)総本山 長谷寺(はせでら)。 奈良時代に創建されたと言われています。 昨今、JR東海の「うましうるわし奈良」にて、「天空に繋がる寺」と紹介されたことで、関東方面で一躍脚光を浴びました。 http://nara.jr-central.co.jp/campaign/hasedera/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海のない奈良で魚がここまで美味しい店

「奈良県人は、あまり魚を食べない」!? 流通が発達した昨今ではさすがにそんなことはないですが、私たちの子どもの頃は、魚と言えば、マグロ、鯛、鮭、鯖、うおぜ、かれい、イカ、エビ(カチカチに茹でた大正エビのみ)ぐらいしかありませんでした。 京都の大学に通い、お酒(特に日本酒)を飲むようになって、さすがに小浜から日本海の魚が入って…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

郷土への想い@十津川村

土曜日、関東十津川郷友会の幹事会に出席しました。 関東十津川郷友会は明治30年発足。現在まで110年あまり続いて来ました。 全国各地にありますが、十津川村出身、新十津川村出身合同なのは、東京だけです。 新十津川村とは、1889年に起きた奈良県吉野郡十津川村での十津川水害の被災民が北海道のトック原野に入植し、新十津川村と称し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

え?桃太郎は奈良県人だった?

「桃太郎」は奈良で生まれた! 前から、どこからか小耳に挟んではいたのですが。 訪ねました。 桃太郎の生まれたという、奈良県の田原本町。 お話くださったのは、田原本町観光協会の二十軒起夫さん。 ●桃太郎の正体。鬼退治の鬼って誰のこと? 黒田の慮戸宮(いほとのみや=現在の田原本)に、七代目─孝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お互い様

今日から、お仕事始めという方も多いと思います。 私も、市役所と県庁と二、三奈良市内を挨拶周りしてきます。 お互いに、がんばりましょうね! ●ガラパゴスを学習する さて話、変わりますが。 以前ブログに、ビックカメラでデジカメを買ったキプロス人の話を書いたのを覚えていらっしゃるでしょうか。 店頭にあるカメラすべて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よそから来たお客様!奈良紀行 最終回!

さて「よそ客」シリーズも、いよいよ最終回! テレビドラマでも何でも、たいがい初回と最終回は視聴率アップというが、みなさま、よろしくお願いします。 ついでに、記事の内容が面白ければ人気ブログランキングもポチっとしていってくださると嬉しい。 -------------------- 最後に訪れたのは「興福寺」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よそから来たお客様!奈良紀行 その5(写真10枚)

今年9月、10月。奈良のPV映像を撮影に来る埼玉川越の尚美学園大学、定平誠ゼミ。 よそから来たお客様は、奈良のいったい「何に驚き、感動するか!」密着取材。 -------------------- 「唐招提寺」の次は「薬師寺」。 こちらは拝観料800円と少々お高い。 だが 白鳳伽藍 玄奘三蔵院伽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よそから来たお客様!奈良紀行 その4(写真2枚)

よそから来たお客様は、奈良のいったい 「何に驚き、感動するか!」 今年9月、10月。奈良のPV映像を撮影に来る埼玉川越の尚美学園大学、定平誠ゼミを密着取材。 そして奈良県人の私自身が、奈良の魅力にますますハマっている… -------------------- さて、飛鳥寺をあとにして。 橿原神宮前から西ノ京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よそから来たお客様!奈良紀行 その3(写真8枚)

よそから来たお客様は、奈良のいったい 「何に驚き、感動するか!」 今年9月、10月。奈良のPV映像を撮影に来る埼玉川越の尚美学園大学、定平誠ゼミの珍道中と、観察レポートはまだまだ続く! -------------------- 「飛鳥寺研修会館」を視察されたご一行様は、「飛鳥寺」へ。 途中、昨日のレポートに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の風物と聞いて、思い描くのは何?

自分ではそれほどとは思っていませんでしたが。 疲れがたまっていたようです。 土曜日、「奈良まほろば館」での講座が最終回を終え。 その後、ライブセミナーやアーカイブ撮影を手伝ってくれた関東学院大学のみなさんや尚美学園大学の学生さんたちと中華で打ち上げ! 二時間ほどで切り上げ、私の作品を販売してくださっていた原宿のフリースペース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近ツリから、奈良の旅、出ました!

近畿日本ツーリストより、「祝祭祀あをによし」ご観覧ツアーが発売されました。 平城遷都1300年祭メイン会場の平城宮跡、橿原考古学研究所、能の演目「三輪」の舞台でもある大神神社など、見どころ満載! 詳しくはこちらで↓ http://www.knt.co.jp/dantai/2010/0385/aoniyoshi/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の薬師寺、奈良の薬師寺

東京にも薬師寺があります。 薬師寺別院 こちらでも、奈良の西ノ京にある薬師寺と同様、写経をし、山田法胤管主はじめ僧侶の法話を拝聴することができます。 ■薬師寺東京別院でのお写経行事 毎月12日(薬師縁日):写経会と管主法話 第1,3,4,5土曜日:写経会と土曜法話 〒141-0022 東京都品川区東…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとした奈良散策におすすめ -4- 海龍王寺

法華寺の東隣、バス通りに面しています。(奈良交通バス「法華寺前」下車。近鉄「新大宮」から徒歩15分。お車、駐車場10台) 「眞言律宗 海龍王寺」 五年ほど前。 平城宮跡で日の出を撮影したあと、法華寺、海龍王寺と回ったのですが、時間が早すぎて開門前だったのですね。 こじんまりした門構え。 もしご住職がTwitte…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとマニアックな奈良の旅 -3- 消えた能舞台と蛍

今日は能にまつわる旅、第三弾。「奈良県宇陀市榛原(はいばら)」をご紹介しましょう。 【丹生(にう)神社】 この神社を知るきっかけは、白洲正子著「お能の見方」でした。 「舞台の一番最初の形は、土を盛り上げただけのもので、「芝能」とも呼んだ初期の舞台は、神様に奉納するものであったため、神殿に向かって建っていた。」(7P) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとマニアックな奈良の旅 -2-

明日はぶらっと、どこに出かけようかな? そんな方の奈良散策に、もしお役に立てたらと思います。 有名どころはもう行ったから…という方にお勧めします。 -------------------- 能の発祥の地、奈良。 能楽のシテ方には五流派ありますが、観世(結崎座)、宝生(外山座)、金春(円満井座)、金剛(坂戸座)の大和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとマニアックな奈良の旅 -1-

さてとうとうGW突入! 4/24から「平城遷都1300年祭」がメイン会場平城宮跡にて本格的に始まり。 奈良が最高潮に賑わっています! 今、日本中でもっとも熱いスポットは【奈良】です! そこで。シリーズで奈良の旅をご紹介してゆこうと思います。 しかも。 「もう、東大寺や奈良公園の鹿や法隆寺はもういいよ!」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お宝は目の前に!@奈良

先日、幼稚園から一緒だった同級生と話をしていると 「私ら小さい頃から仏像に囲まれて、能に連れられて…もう、嫌で嫌でしょうがなかった」 お宝に囲まれて過ごしていると、ありがたいと感謝するよりも、ありがた迷惑に他ならないのでしょう。 その気持ち、解らないでもありません。 その名を知らない者がない、「奈良の東にある国宝の寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓参り@龍華山永慶寺

昨日、母と二人で父の墓参りに行きました。 近鉄大和郡山駅下車、龍華山永慶寺。 徳川五代将軍綱吉の幕臣として寵愛され、大老の地位まで登り詰め、権勢を振るった柳澤吉保。 しかしながら綱吉が薨去したことで勢いを失い、長男の吉里に柳沢家の家督を譲り隠居、その後甲府藩から郡山藩に移りましたが、潔く身を引いたため15万石の知行が減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東の大学二校で、奈良についてプチ講義

昨日。 午前は、金沢八景にある関東学院大学「映像クリエーター学科」の授業で、「能や伝統芸能、奈良の魅力、舞台のプロジェクト」について。 午後からは、川越にある尚美学園大学の「定平誠ゼミ」にて、「能と伝統芸能、奈良の魅力」について。 それぞれ30分、その後、学生さんからの質疑応答という形でお話をさせていただきました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国からのお客様

このところ、中国では能力の高いエグゼグティブなエンジニアやビジネスマンを本国に呼び戻しています。 そんな中。 長い間日本で仕事をしてきて、以上のような理由から中国本国に拠点を移した中国人の方(奥様は日本人)が、昨日、久方ぶりで来日されるというので、お会いしてきました。 ぜひとも平城遷都1300年祭を機に、中国との交流をと願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はてさてツイッターでまちおこしはできるのか!?

三日前のブログに 「4/4(日)Twitterオフ会@奈良公園付近」 についてご案内しましたが。 朝食会は4人、お花見は9名が集まりました。 -------------------- ホテルサンルート奈良の「職人さんのおばんざい」バイキングは、一つ一つ丁寧に作られた和食のおばんざい。 お野菜やナスの煮物、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉備真備(きびのまきび)の塚がこんなところに!?

その昔、子供たちは先生からずっと聞かされていました。 学校の敷地内にある、少しこんもり土を持った場所。 通称「クヌギ山」 その小山に聳え立つクヌギの大木で、戦争中、兵隊さんが首を括って自害した。 その幽霊が出る。 と。 小学校の頃。 学校内の「養成館」という施設に宿泊するという課外授業がありました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Twitterオフ会@奈良公園付近

■8:30AM ホテルサンルート奈良「創るおばんざいの朝食バイキング」で朝食会 nice to meet you!自己紹介&おばんざい満喫&奈良の魅力について語り合いましょう。 ■その後 奈良公園お花見 場所、時間はTwitter上にて随時ご案内。 ドタ参、中座自由。 飲み物などはおもちより。 もっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本屋さんに寄ったら

本屋さんにお立ち寄りの際は、ぜひお手に取って見てください。 【家庭画報】3月号 「平城京遷都1300年記念」 春の奈良、「仏像」を巡る 大和路・雛の里を訪ねて 唐招提寺 天平への旅 巻頭60ページ -------------------- 【FIGARO】 春うららさんの奈良さんぽ ---…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界一の桜は、ここで観る!

奈良県吉野。 千本桜。 今から1300年前。 役行者(えんのぎょうじゃ)が金峯山寺を開くとき、感得した蔵王権現を桜の木に刻んだことから、桜はご神木としてずっと保護されてきました。 「ひとめ千本」 山の桜の全貌が、一望に見渡すことのできる展望台は、豊太閤秀吉が権力の絶頂に登りつめた時に訪れたことでも有名です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more